けいすけ鍼灸院
ホーム治療方針適応疾患治療の流れ美容鍼催眠療法
営業案内アクセスご予約お客様の声リンクヒーリング

治療の流れ

<ご来院の前に>


<受付>

暖かい雰囲気の待合室で、予診票をご記入願います。
待合室

<施術>

患者様、お一人お一人に合わせた、オーダーメイド治療です。
女性の患者様は、施術がしやすい患者着へ着替えていただきます。

施術室患者着患者着

(1)問診

予診票を見ながら、症状や生活習慣などについて、お聞きします。
症状に関係ないと思われるようなこともお聞きしますが、東洋医学的に関連しておりますので、差支えない範囲でお答えください。

(2)検査

症状の確認のため、簡単な検査をします。

(3)脈診

ベッドに仰向けになり、手首の拍動を触診して、東洋医学的に診察します。
手首の脈を診ている様子

(4)腹診

お腹を触診します。衣服をめくって直接手のひらを当てて、温熱、ざらつき、硬さ、圧痛などを診ます。

(5)火穴診(かけつしん)、局所診

手、足、頭、首などの触診をして、東洋医学的に診察します。

(6)ご説明

症状を分析し、治療方針のご説明をいたします。

(7)施術

仰臥位(仰向け)、側臥位(横向き)、腹臥位(うつぶせ)、座位など、適宜ご指示いたします。
腰に鍼をしている様子
施術部位だけが見えるようにして、他はタオルを掛けます。

(8)症状の確認、終了

養生や今後の治療方針について、ご説明いたします。

(9)休憩

治療後1時間程度は、食事や入浴、運動を避け、あまり無理しないようお願いします。
夜の入浴は長湯せず、ゆっくりお休みください。

お体の状態によっては、だるくなったり、眠くなったり、ちょっと熱っぽくなるなど、体調が変化する場合があります。
無理をなさらず、ゆっくり休んでください。「休みたい」という身体からの訴えです。

Copyright© 2019 けいすけ鍼灸院 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system